SNSの連絡手段としての活用

メールアドレスの使い分け

SNSの連絡手段としての活用 フリーメールはサービスも充実しているので便利です。
誰でも作成することができるという手軽さがあるので用途に気をつけなければならないこともあります。
メールアドレスがあまりに短いと迷惑メールなどが絶えないことがあるので、作成するときにはできるだけ長く解析しにくいものが推奨されています。
同じようにパスワードも短すぎたり特定されやすいものだとアカウント情報を盗まれたりした例もあるので注意が必要です。
趣味で色々なサイトに登録したり、懸賞の応募をしたりというときにはメールマガジンの購読が必須だったり、一日に何通もの情報が配信されたりするので、受信メールボックスを見やすくするために、専用のフリーメールアドレスを取得するのもいいかもしれません。
トラブルに巻き込まれないためには、友人との連絡や仕事の連絡などはプロバイダーメール、メールマガジン購読や懸賞応募などはフリーメール、というように使い分けすることも大切です。
プロバイダー契約がなく、メールサーバーのレンタルサービスも難しいのでフリーメールのみ利用したいという人もいると思います。
その場合フリーメールは複数アカウントを作成することができるので、アドレスごとに用途を分けるのもひとつの方法です。
できるだけリスクを自分から遠ざけていくことはインターネットを利用していく中で大切なことです。